決済手段のアイウォレットとエコペイズはどちらがおすすめか

投稿者:

アイウォレットとエコペイズはどちらがおすすめか

アイウォレットとエコペイズはどちらがおすすめか

アイウォレットとエコペイズでは、結論を先に言うとエコペイズがおすすめです。
その理由は、システムの安定度、対応オンラインカジノの多さが挙げられます。
システムの安定感は、エコペイズが優れています。

たしかにアイウォレットは、専用のカードを製作したり、システムの大幅な刷新を行うなど画期的な試みを行っているのが特徴です。
しかし、その代償としてたびたびシステムの大規模なメンテナンスを実施しています。
実際に2020年は半年近く、2021年は5月から7月にわたってメンテナンスを行いました。

そして、その間はアイウォレットのシステムが使用できない事態が発生していたのです。
徐々にメンテナンス期間が短くなっているので、システム自体の安定度が増しているものの、不安定なことに変わりはありません。

一方エコペイズは、度々システムのメンテナンスを行うものの、小規模なものを繰り返し行っているだけです。
そのため、こちらが利用するには不便さを感じない、数時間程度の短時間のものがほとんどです。
こういった安定感がエコペイズをおすすめする理由として挙げられます。

対応オンラインカジノもエコペイズが多くあります。
その数の比較では、アイウォレットがカジノシークレットをはじめとして、7カジノです。
一方、エコペイズはベラジョンカジノをはじめとして、11カジノ以上です。

「以上」としたのは、日本語対応をしているほとんどのオンラインカジノで対応していることを意味しています。
そのため、電子マネー決済に対応し、日本語が使えるオンラインカジノであればほとんど使えます。

このように圧倒的にエコペイズの方が対応カジノが多く、それがおすすめする理由です。

アイウォレットとエコペイズはそれぞれどんな人に向いているか

アイウォレットとエコペイズはそれぞれどんな人に向いているか

アイウォレットとエコペイズはどんな人に向いているでしょうか。
まずアイウォレットは、対応カジノを愛用している、頻繁に入出金しないといった人に向いています。

アイウォレットは、たしかに対応カジノがエコペイズよりも少ない傾向があります。
しかし、キャッシュバックサービスで有名なカジノシークレットなど人気カジノに対応しているのが特徴です。

他のオンラインカジノには興味がなく、カジノシークレットなど特定のオンラインカジノ一本でプレイしている方におすすめです。
この場合は、特にエコペイズでもアイウォレットでも関係なく遊べるのがその理由です。
頻繁に入出金しない人に向いています。

アイウォレットは、定期的に大規模なメンテナンスを行います。
しかし、電子マネー自体入出金は数か月に1回程度という方であれば、そこまで不自由はしません。
なぜなら、オンラインカジノに一度入金してしまえば、あとは電子マネーを利用するのが出金時だけだからです。

また、入出金も日本のコンビニATMからでも代行収納サービス経由で利用すれば、エコペイズもアイウォレットも関係ありません。
ちなみに代行収納サービスとは、日本にあるアイウォレットと提携した企業が、入金したお金を代わりに受け取るサービスです。

そのため、海外送金よりも高速で入金が反映されます。
さらに出金も代わりに支払いを行うので、国内から高速で振り込まれるのがメリットです。
このシステムは、アイウォレットもエコペイズも採用しています。
そのため、頻繁に入出金しない方にはアイウォレットでも問題ないことがほとんどです。

エコペイズは、電子マネー決済に慣れていない、いろいろなオンラインカジノを楽しみたいといった人が向いています。
エコペイズは日本人ユーザーを意識しており、アイウォレット以上に公式サイトやアカウント管理がわかりやすい仕組みになっています。

そのため、電子マネーに慣れていない人でも利用しやすいのが特徴です。
さらにサポートもきちんと行ってくれるので、分からないことがあれば、すぐに対応してくれます。また対応カジノが多いので、オンラインカジノ間の送金を行う人にも向いています。

例えば、ベラジョンカジノで遊んだら出金して、そのままカジ旅にエコペイズを介して入金するのも可能です。
アイウォレットもこういったことはできますが、対応カジノが少ないので、エコペイズ程自由度は高くありません。

このようにそれぞれ向いている人が違うので、完全にどちらかが優れているとは、言い切れない面もあります。

アイウォレットとエコペイズの共通した注意点を紹介

アイウォレットとエコペイズの共通した注意点を紹介

アイウォレットとエコペイズの共通した注意点として、KYC書類認証が必要なこと、手数料がそれなりにかかることです。

アイウォレットもエコペイズもともにKYC書類認証をしないと出金できません。
この認証は、顧客確認のための手続き(Know Your Customer)という意味です。

例えば、本人確認書類として、パスポート、運転免許証、住基カードなど、住所確認書類として電気料金、ガス料金、住民票、運転免許証などの画像を提出する必要があります。
これらの手続きは、それぞれのサイトで手続きページがあるので、それにしたがって行わなければいけません。

手数料もそれなりにかかります。
アイウォレットもエコペイズも無料サービスではないため、ある程度費用を払って入出金を行う必要があります。

例えば、入金時は入金額の5%程度、出金時は0.5%や外貨の両替手数料などを支払わなければなりません。しかし、オンラインカジノの場合は、電子マネーからの入金や出金は無料です。
そのため、自分の口座から電子マネーへの入出金のみに手数料が発生する仕組みです。

このように2つの大きな注意点を意識して利用することが重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です